民主:消費増税法案の審査、未明に打ち切り-30日に閣議決定へ

民主党は28日未明、社会保障・税 一体改革や税制調査会などの合同会議で、消費税率(現行5%)を段 階的に10%へと引き上げる増税法案の事前審査を打ち切り、前原誠司 政調会長に対応を一任した。古本伸一郎衆院議員(税制調査会事務局 長)が記者説明した。

これを受け、政府は30日に政府原案に経済成長率の目標を追加す るなど一部修正した法案を閣議決定し、国会に提出する方針だが、反 対派は「一任していない」と抗議しており、消費税をめぐる党内対立 は続きそうだ。

増税反対派の川内博史衆院議員は会議後に記者会見し、「残念なが ら議論は突如として打ち切られた。私どもは一任をしていない」と指 摘。同席した東祥三衆院議員は「厳重に抗議する」との緊急声明文を 読み上げた。東氏によると、約70人の党所属議員が議論打ち切りに反 対する署名を行っていたという。

これに対し、古本氏は「まだ議論が終わっていないという意見の 人が挙手をしたが、一任をもらったということで終わった」と説明。 閣議決定は30日かとの質問に対しては、「予定ではそうではないか」 と語った。

民主党は28日午後の政調役員会でも合同会議の決定を了承。その 後、前原政調会長は記者会見し、議論を打ち切ったことについて「ど んなテーマでも100%すべての人が一致をして賛成という案件はなか なかない。反対された方々の意見は尊重しなくてはいけないが、いつ までも議論を続けるわけにはいかない」と説明した。

不透明

シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストは、法案の見 通しについて「今の調子でいくと、この通常国会の間に採決して可決 できるかどうか非常に不透明だ。自民党もおいそれとは乗ってこない だろう」と語っている。

連立を組む国民新党の亀井静香代表は28日の会見で、消費税増税 法案について「野田佳彦首相に対して、輿石東民主党幹事長に対して も『出してはだめですよ』と話をしている」と指摘。同党所属の自見 庄三郎金融担当相が法案閣議決定に署名するかどうかについては「閣 僚が法律にサインするということは自分の所管ではなくてもその法律 に責任を持つということだ。できない」と拒否させる考えを強調した。

一方、安住淳財務相は28日午前、財務省内で一部記者団に対し法 案の民主党内の審査が打ち切りとなったことについて、「政府として党 の意向を重く受け止めて対応したい」と述べ、30日の法案の閣議決定 に意欲を示した。藤村修官房長官も午前の記者会見で、「党内の議論の 結果を踏まえて法案を修正し月内に国会に法案を提出したい」と語っ た。

政府は2月17日、消費税率を2014年4月に8%、15年10月に 10%へと2段階で引き上げる一体改革の大綱を閣議決定。3月14日の 民主党の合同会議で法案の原案を提示し、同党で議論を行って修正を 加えてきた。

景気条項

その結果、最大の焦点だった附則第18条の「景気条項」には「11 年度から2020年度までの平均において名目の経済成長率で3%程度か つ実質の経済成長率で2%程度を目指し」て総合的な施策を実施する ことが盛り込まれたが、こうした数値の達成を増税の条件としては位 置付けなかった。

前原氏は記者会見で、成長率の数値を法案に盛り込んだことにつ いて「条件ではなく目標だが、政府・日銀一体となってこの目標にま い進をするというエンジンを積ませたと自負をしている」と説明した。

これに対し、川内氏は会見で、「もしそれがクリアされない場合に は消費増税の停止もあるのだということをしっかり書くことが国民へ の説明責任ではないか」とあくまでも停止条件と位置付けるよう求め ていく考えを示している。

一方、政府原案にあった少子高齢化のさらなる進展に備え、税制 面などでの追加措置を検討することを定めた「附則第28条」はこれま での政府・民主党内の調整で全文を削除することになった。

--取材協力:下土井京子、Mayumi Otsuma Editor: Hitoshi Sugimoto, Norihiko Kosaka

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京  広川高史   Takashi Hirokawa

+81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

東京 大久保義人   Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

香港  Peter Hirschberg

+852-2977-6934 phirschberg@bloomberg.net

Kyoko Shimodoi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE