中国の東風汽車:11年通期は4.6%減益-需要鈍化など響く

日産自動車とホンダの中国での提携 相手である同国の自動車メーカー、東風汽車の2011年通期決算は4.6% の減益となった。需要の鈍化に加え、供給面での混乱が響いた。

同社が27日香港証券取引所に提出した資料によると、純利益は105 億元(約1385億円)と前年の110億元を下回った。ブルームバーグがア ナリスト22人を対象に行った調査の予想平均の109億元にも届かなかっ た。売上高は前年比7.4%増の1314億元。

東風は、昨年の東日本大震災の影響から提携相手の日産とホンダで 電力と部品の不足が生じ、生産に混乱が出た。加えて中国国内の自動車 販売は、政府が小型車に対する車両購置税(自動車取得税)を10%に戻 したことや農村部での買い替え補助金の段階的打ち切りにより、昨年鈍 化した。

原題:Dongfeng Motor Profit Falls 4.6% on Economy, Supply Disruptions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE