米国住友商事、米デュークの風力発電プロジェクトに50%出資

住友商事の米子会社、米国住友商事 は、米電力会社デューク・エナジーがカンザス州で進めている2件の風 力発電プロジェクトに50%出資した。

デュークの27日の発表によると、同プロジェクトにはグレイ郡の 「シマーロンⅡ」(発電容量131メガワット)とフォード郡の「アイアン ウッド」(同168メガワット)が含まれている。条件面については明ら かにしていない。

両プロジェクトにおける発電所建設は年内に完了する予定。デュー クは、住友と共に「プロジェクトの建設・運営費用の調達機会を探って いる」と説明している。

シマーロンⅡで生産された電力はカンザスシティー・パワー・アン ド・ライトが購入する予定。アイアンウッドはウェスター・エナジーと 売電契約を結んでいる。

原題:Sumitomo Buys 50% Stake in Two Duke Energy Wind Farms in Kansas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE