米大統領の医療保健改革法、最高裁判事ら分裂で違憲判断優勢か

米連邦最高裁ではオバマ大統領の医 療保険制度改革法について、判事らが違憲と判断する可能性が示唆され ている。共和党の指名を受けた判事が、議会が法律によって国民の保険 加入を義務付けたのは行き過ぎとの考えを示しているためだ。

3日間にわたり行われる審理の2日目にあたる27日、口頭弁論は最 高裁判事が5対4に分裂する様相を帯びた。共和党指名の判事ら5人は 同改革法を覆す方向で一致している。

中道派とされるケネディ判事は、同法は個人に「行動を強いる」点 が、過去に最高裁が支持したものとは異なると指摘。「個人に対する政 府の関わり方を実に根本的な方法で変えるものだ」と論じた。

原題:Health Law Seen in Jeopardy After Supreme Court Arguments (2)(抜粋)

For Related News and Information:

--取材協力:Megan Hughes.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE