NY金:反落、2週間ぶり高値から下げに転じる-ドル上昇で

ニューヨーク金先物相場は反落。一 時は2週間ぶりの高値を付けたものの、ドルが反発したことで代替投資 先としての金の需要が弱まり、下げに転じた。

ドルは主要通貨のバスケットに対して上昇。米経済指標を受けて、 追加金融緩和の観測が弱まり、ドルが売られた。金は前日、4週間ぶり の大幅高となっていた。米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ 議長が失業率の低下に向け緩和的な金融政策の維持が必要との考えを示 したことが手掛かりとなった。

ゼイナー・グループ(シカゴ)の市場担当シニアストラテジスト、 デニス・カジガス氏は電話インタビューで、「ドルの上昇が金の上値を 抑えている」と指摘。「利益確定の動きもみられる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比50セント安の1オンス=1687.70ドルで終了。一時 は1699.60ドルと、中心限月としては13日以来の高値を付ける場面もあ った。

原題:Gold Futures Drop From Two-Week High in N.Y. After Dollar Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE