ユンケル氏:金融取引税の代替案が必要、支持獲得が困難で

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、債務危機への 対応で金融業界の負担を増やす方法として、欧州連合(EU)は現在提 案されている金融取引税に替わる案を検討するべきだとの考えを示し た。

ユンケル氏はブリュッセルで27日、「欧州委員会が提唱した案が一 つあるが、これは一部のユーロ加盟国を含む複数の政府から支持を得ら れていない」と発言。「このため、同じ目的を目指す別の手法を模索す ることを提言したい」と述べた。

EUの行政執行機関である欧州委員会は株式と債券、デリバティブ (金融派生商品)などの金融取引への課税を提案しており、同委によれ ば年間570億ユーロ(約6兆3000億円)の税収が見込まれる。金融シス テムに比較的高いリスクをもたらすとされる高頻度トレーディングのよ うな取引の抑制にもつながる。

原題:Alternative Needed to Financial-Transactions Tax, Juncker Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE