今日の国内市況:日経平均終値が震災当日超え・債券横ばい、円弱含み

東京株式相場は大幅高となり、日経 平均株価は東日本大震災が発生した昨年3月11日終値を上回った。米国 の金融緩和の長期化観測を背景に流動性相場持続への期待が広がり、証 券や銀行など金融株、輸送用機器や電機など輸出関連株を中心に東証1 部33業種はすべて高い。

日経平均株価の終値は前日比236円91銭(2.4%)高の1万255円15 銭、TOPIXは同20.60ポイント(2.4)%高の872.42と、ともにきょ うの高値引け。日経平均は震災発生日の終値(1万254円)を上回り3 月10日以来、およそ1年ぶりの高値を付けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は26日の講演 で、米失業率が8.3%に低下したことを歓迎する一方、回復の一段の進 展には緩和的な金融政策の維持が必要との考えを示した。

一方、欧州ではドイツのメルケル首相が26日、債務危機の拡大を阻 止するファイアウオールの強化を容認する意向を初めて示唆。ドイツの Ifo経済研究所がまとめた3月の独企業景況感指数は、6カ月連続で 上昇した。欧州の金融安全網増強への期待やドイツ経済の堅調さを受 け、為替市場ではユーロが上昇。27日の東京市場で円は対ユーロで一 時110円93銭まで売られ、前日の東京株式市場の終了時から1円超円 安・ユーロ高に振れた。

業績懸念の後退から、トヨタ自動車や日立製作所が52週高値を更 新。東証1部の売買代金上位ではやホンダ、日産自動車、ファナック、 キヤノンなど時価総額上位の輸出関連株が軒並み上げた。三菱UFJフ ィナンシャル・グループや野村ホールディングス、三井物産、住友金属 鉱山なども上昇。東証1部33業種の上昇率上位には証券・商品先物取 引、保険、銀行、不動産、海運、非鉄金属、パルプ・紙、輸送用機器な どが並んだ。

東証1部の売買高は概算で22億6636万株、売買代金は1兆4191億 円。売買代金は前日に比べ3割増えた。騰落銘柄数は上昇1555、下落 は77にとどまった。

債券は横ばい、潤沢資金が支え

債券市場で長期金利は1.01%と横ばいで推移。バーナンキFRB議 長の発言を受けて、インフレ加速観測から株高・債券安となった米国市 場の地合いを引き継ぎ、国内株価の上昇とともに円債市場は売りが先行 した。しかし投資家の資金が潤沢な中、下げた場面では買いが入り値を 戻した。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の321回債利回りは 前日比0.5ベーシスポイント(bp、0.01%)高の1.015%で開始。その 後は買いが入って若干水準を切り下げ、横ばいの1.01%で推移した。新 発5年物103回債利回りは横ばいの0.325%。

超長期債も売りが先行した後、値を戻した。新発20年物134回債利 回りは1bp高の1.775%で始まった後、若干上げ幅を縮め、0.5bp高 い1.77%。新発30年物回債利回りは0.5bp高い1.95%で始まった後、横 ばいの1.945%で推移した。

東京先物市場で中心限月6月物は、前日比7銭安の141円74銭で始 まった後、141円70銭まで下げた。しかしその後は、徐々に下げ幅を縮 め、一時3銭高の141円84銭まで値を戻した。結局、横ばいの141円81銭 で引けた。

26日の米国債市場では30年債利回りが上昇。バーナンキFRB議長 が一段の雇用回復のためには緩和的な金融政策を維持することが必要と の考えを示し、インフレが加速するとの観測が強まった。米10年債利回 りは2bp上昇の2.25%程度。一方、米株式相場は上昇。S&P500種 株価指数は2008年5月以来の高値を付け、前週末比1.4%高の1416.51。 ダウ工業株30種平均は160.90ドル(1.2%)上げて13241.63ドル。

円弱含み、株高でリスク選好

東京外国為替市場で、ドル・円相場は1ドル=82円台後半を中心に 円が弱含み。米金融緩和策の継続見通しを背景に日米の株価が大幅高と なり、リスク選好が意識され、円売り圧力が優勢だった。

ドル・円相場は朝方に83円04銭まで円が水準を切り下げた後、一 時82円80銭まで値を戻したが、円の上値は限定された。午後4時現在 は82円93銭付近。東京市場日中の値幅は24銭にとどまった。

ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で一時1ユーロ=1.3368ドルと 2月29日以来の水準までユーロ高・ドル安が進行。この日の東京市場で は午後に1.33ドル台半場を中心に推移した。ユーロ・円相場は一時1ユ ーロ=110円93銭と、21日以来のユーロ高値を付けた後は110円台後半で 伸び悩む展開となった。

30日にはユーロ圏財務相会合が開かれる。メルケル独首相は欧州債 務危機の拡大を阻止するファイアウオールの強化を容認する意向を初め て示唆した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE