篠原IMF副専務理事:世界経済の見通しは改善-下振れリスク残る

国際通貨基金(IMF)の篠原尚之 副専務理事は27日、バンコクで、世界経済の見通しが改善されつつある が、「深刻な下振れリスクが残っている」との見解を明らかにした。

同副専務理事はまた、「新興市場国が先進国からの二次的な影響を 警戒する必要がある」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE