中国:1-2月の工業利益、5.2%減-輸出鈍化や住宅規制響く

中国の工業セクターの1-2月の企 業利益は、この時期としては2009年以来初めて減少した。輸出鈍化に加 えて、政府による不動産価格抑制策が利益を押し下げた。

中国国家統計局がウェブサイトで27日発表したところによれば、1 -2月の工業セクターの純利益は前年同期比5.2%減の6060億元(約8 兆円)。昨年1-2月は34.3%増だった。国家統計局は生産活動が中断 する春節(旧正月)の連休を理由に1月単月の数字は公表していない。

今回の統計を受けて、温家宝首相が追加景気刺激策に踏み切る可能 性が高まることも予想される。先週発表された3月の中国製造業購買担 当者指数(PMI)速報値は4カ月ぶりの低水準に落ち込み、株価や商 品相場の世界的な値下がりにつながった。

みずほセキュリティーズアジアのエコノミスト、沈建光氏(香港在 勤)は統計発表前の段階で、「投資需要の鈍化とコスト増が重なること で企業利益の伸び鈍化が今後も続くだろう。政府の不動産規制は住宅投 資だけでなく、鉄鋼やセメント、建設機械、家電製品など関連する全て の製品需要を減速させる連鎖的な影響が出ている」と述べていた。

原題:China’s Industrial Profit Falls 5.2% in First Two Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE