半導体世界シェア11年:首位インテルで15.6%に上昇-アイサプライ

2011年の世界の半導体世界シェアは 首位の米インテルが15.6%と、前年の13.1%から上昇し、少なくとも01 年以来最高になった、と米調査会社アイサプライが26日発表した。

アイサプライによると、2位はサムスン電子で9.2%、3位はテキ サス・インスツルメンツ(TI)で4.5%。東芝は4.1%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE