スペインのカイシャバンク、バンカ・シビカ買収で合意

スペイン4位の銀行、カイシャバン クは、貯蓄銀行4行の統合で誕生したバンカ・シビカを9億7700万ユー ロ(約1100億円)で買収することで合意した。スペインでは金融業界の 再編が加速しつつある。

カイシャバンクが電子メールで配布した発表資料によると、全額株 式交換による買収提案は、シビカの価値を1株当たり1.97ユーロと評 価。3月23日の株価終値を11%下回る水準に設定されており、シビカの 株主は保有株8株につきカイシャバンク株式5株を受け取る。

720億ユーロに上るシビカの資産を買収することで、スペイン最大 の銀行事業を有する金融機関が誕生する。資産総額は3420億ユーロ、預 金総額は1790億ユーロとなる。カイシャバンクのイシドロ・ファイネ会 長は1月27日、スペイン政府が不動産バブル崩壊で膨らんだ損失を計上 させることで金融機関に合併を促していることから、「合併が相次ぐだ ろう」と予想していた。

カイシャバンクは、7-9月(第3四半期)の買収手続き完了を見 込んでおり、2014年までに5億4000万ユーロ相当の経費節減効果などを 生むとしている。また、公的資金の注入なしで手続きを完了できるとし た。

原題:CaixaBank Buys Civica for $1.3 Billion in Spanish Bank Overhaul(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE