日経平均急伸し震災日水準上抜ける、流動性期待で金融中心に全面高

東京株式相場は大幅高となり、日 経平均株価は東日本大震災が発生した昨年3月11日終値を上回った。 米国の金融緩和の長期化観測を背景に流動性相場持続への期待が広が り、証券や銀行など金融株、輸送用機器や電機など輸出関連株を中心 に東証1部33業種はすべて高い。

日経平均株価の終値は前日比236円91銭(2.4%)高の1万255 円15銭、TOPIXは同20.60ポイント(2.4)%高の872.42ととも にきょうの高値引け。日経平均は震災発生日の終値(1万254円)を 上回り3月10日以来、およそ1年ぶりの高値を付けた。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、「米国での緩和的な金 融政策の長期化が、世界経済を支えるとの期待」から、投資家がリス クオンに傾いたと指摘。3月決算銘柄の権利付き最終日を迎え、「配当 権利取りを狙った最後の買いも入った」と見ていた。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は26日、バー ジニア州アーリントンで講演し、米失業率が8.3%に低下したことを 歓迎する一方、回復の一段の進展には緩和的な金融政策を維持するこ とが必要との考えを示した。

野村証券の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリストによると、 バーナンキ議長発言を受け、「遠のいていた量的緩和第3弾(QE3) 観測が再び浮上し、世界的な金融緩和、流動性相場が続くとの期待が 高まった」と言う。

円安・ユーロ高も支援、震災直後の「窓」埋め

一方、欧州ではドイツのメルケル首相が26日、債務危機の拡大を 阻止するファイアウオールの強化を容認する意向を初めて示唆。また、 ドイツのIfo経済研究所がまとめた3月の独企業景況感指数は、6 カ月連続で上昇した。欧州の金融安全網増強への期待やドイツ経済の 堅調さを受け、為替市場ではユーロが上昇。27日の東京市場で円は対 ユーロで一時110円93銭まで売られ、前日の東京株式市場の終了時か ら1円超円安・ユーロ高に振れた。

業績懸念の後退から、トヨタ自動車や日立製作所が52週高値を更 新。このほか、東証1部の売買代金上位ではやホンダ、日産自動車、 ファナック、キヤノンなど時価総額上位の輸出関連株が軒並み上げた。 三菱UFJフィナンシャル・グループや野村ホールディングス、三井 物産、住友金属鉱山なども上昇。東証1部33業種の上昇率上位には証 券・商品先物取引、保険、銀行、不動産、海運、非鉄金属、パルプ・ 紙、輸送用機器などが並んだ。

野村証の佐藤氏は、日経平均が震災後の日中戻り高値を上抜けて きたことで、「空売り残高の多い不動産株などにはストップロス(損失 確定)の買い戻しも入った」と話していた。

水戸証券の須田恭通投資情報部長は、「金融相場の色彩が濃い」と した半面、為替が円安方向に再び戻りつつあり、輸出関連企業などに は業績回復を期待した買いが入りやすくなってきたとしている。きょ うの日経平均は、震災当日の昨年3月11日と翌営業日との間にできた チャート上の窓(1万49円-1万254円)埋めた。

東証1部の売買高は概算で22億6636万株、売買代金は1兆4191 億円。売買代金は前日に比べ3割増えた。騰落銘柄数は上昇1555、下 落は77にとどまった。みずほ投信の岡本氏は、「世界経済の動向に敏 感な大型株が買いの中心」と指摘。小型株は相対的にさえず、国内新 興市場ではジャスダック指数が前日比0.1%高の53.31と4営業日ぶ りに小反発、東証マザーズ指数は0.5%安の375.69と3日続落した。

-- Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE