NY銅:2.1%高の1ポンド=3.8875ドル-ドル安で需要見通し改善

26日のニューヨーク銅先物相場は約 1カ月ぶりの大幅高。ドル安で商品需要の見通しが改善された。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が失業率を引き下 げるために緩和的な金融政策が必要だとの認識を示したことから、ドル 相場が下落した。ドイツのIfo経済研究所がまとめた3月の独企業景 況感指数が市場予想に反して上昇したことも、銅相場の上げ材料。

キングスビュー・ファイナンシャルのストラテジスト、マシュー・ ジーマン氏は電話インタビューで、「ドルが下落し、市場はFRB議長 の発言について金利が低水準にとどまることを意味すると解釈してい る」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前営業日比2.1%高の1ポンド=3.8875ドル。中心限月と しては2月21日以来の大幅高。年初来では13%の上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE