ECB総裁:流動性の吸収に長期預金の受け入れも可能

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は、3年物資金供給オペによる過剰流動性がインフレや資産バブルを 引き起こすことがないよう、ECBは市中銀行から長期預金を受け入 れ、銀行に準備金の積み増しを求める可能性があると述べた。

ドラギ総裁は26日、ベルリンで「ユーロシステムはこの先、余剰な 流動性を吸収する必要があると判断した場合、それを実現するための多 様な手段がある」と述べ、「実際に使用可能な手段として、準備金の積 み増しや、短期だけでなく長期の預金も対象とした流動性の吸収措置が ある」と続けた。

その上で同総裁は、今のところ「インフレ期待値を示唆する統計は 全般に、インフレが中期目標を上回っている兆候を示していない」と指 摘した上で、政策当局者としてインフレは「常に警戒している」とし た。

原題:Draghi Says ECB Can Use Longer-Term Deposits to Absorb Liquidity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE