3月26日の欧州マーケットサマリー:株は続伸、スペイン債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3331   1.3270
ドル/円             82.80    82.35
ユーロ/円          110.38   109.27


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  268.12     +2.47     +.9%
英FT100     5,902.70   +47.81     +.8%
独DAX      7,079.23   +83.61    +1.2%
仏CAC40    3,501.98   +25.80     +.7%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .26%        +.03
独国債10年物     1.95%       +.09
英国債10年物     2.33%       +.06


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,680.25    +16.25    +.97%
原油 北海ブレント        125.35      +.22     +.18%

◎欧州株式市場

26日の欧州株式相場は続伸。ドイツのIfo企業景況感指数が 予想外に上昇したことを好感した。米連邦準備制度理事会(FRB) のバーナンキ議長が緩和的な金融政策の維持がなお必要だとの認識を 示したことも買い材料になった。

英格安航空会社イージージェットは業績見通しの上方修正をきっ かけに7.5%上昇。スウェーデンの石油会社ルンディン・ペトロリ ウムは7%の値上がり。ノルウェー沖にある油田の評価結果を受けた。 ケニアで初めて石油を発見したと報告した英石油・ガス探査会社のタ ローオイルも高い。一方、スペインの銀行と建設関連株は値下がりし た。

ストックス欧州600指数は前週末比0.9%高の268.12で終 了。年初からは9.7%高と、このままいけば四半期ベースで2009 年7-9月以来の大幅上昇となる見通し。

ウニクレディトのユーロ圏担当チーフエコノミスト、マルコ・バ リ氏は、この日の指標は「ドイツ経済の回復力を示す歓迎すべき兆候 であり、先週発表された総合景気指数が失望を誘っていただけに心強 い」と指摘。「ドイツが十分に持ちこたえるならば、ユーロ圏全体の 経済活動が安定化する可能性も高まる」と述べた。

この日の西欧市場では18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。 Ifo経済研究所が発表した3月の企業景況感指数 は109.8と、 前月の109.7(改定前109.6)を上回った。ブルームバーグがま とめたエコノミスト44人の調査では中央値で、2月の速報値から変 わらずの109.6が予想されていた。

◎欧州債券市場

26日の欧州債市場ではスペイン国債が上昇。ドイツ国債に対す る利回り上乗せ幅(スプレッド)が縮まった。ユーロ圏の財務相らは、 高債務国を保護し域内危機の拡大を防ぐファイアウオール(防火壁) 強化の合意に向かっているもようだ。

ドイツ国債は5営業日ぶりに下落。同国の3月の企業景況感指数 が予想外に上昇し、8カ月ぶり高水準に達したことが手掛かり。ドイ ツはこの日、12カ月物証券27億ユーロを発行した。フランス2年 債利回りは過去最低に下げた。同国は84日物と161日物、343日 物の証券計69億ユーロを発行。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券 ストラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は利回り低下の理 由について、「プラスのニュースがあったからだ」と指摘。「ドイツ がファイアウオール強化を容認するとの報道が幾つかあった」と付け 加えた。

スペイン10年債相場は続伸し、ロンドン時間午後4時20分現 在の利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

5.33bp。同国債(表面利率5.85%、2022年1月償還)価格は

0.34上げて103.9。

スペイン10年債のドイツ10年債に対するスプレッドは12b p縮小して338bp。イタリア国債のスプレッドも9bp縮まって 308bpとなった。

ドイツのメルケル首相はこの日、ユーロ圏の暫定的な救済基金と 恒久基金の並行稼働を容認する準備を進めていることを示唆。ユーロ 圏諸国の財務相は30日、コペンハーゲンに集まりファイアウオール 強化を協議する。

ドイツ10年債利回りは8bp上昇して1.95%。先週は19b p下げ、昨年12月16日終了週以来で最大の低下を記録していた。

ドイツのIfo経済研究所がこの日発表した3月の企業景況感指 数は109.8と、前月の109.7(改定前109.6)から上昇。ブルー ムバーグがまとめたエコノミスト44人の調査では中央値で、2月の 速報値から変わらずの109.6が予想されていた。

フランス2年債利回りは0.45%。一時は0.435%まで低下し、 ブルームバーグがデータ収集を開始した1990年以来の最低を付け た。

◎英国債市場

26日の英国債市場では10年債が下落。このまま推移すれば、 四半期ベースで1年ぶりの値下がりとなりそうだ。この日は株式相場 が上げたほか、ドイツのIfo経済研究所が発表した3月の企業景況 感指数が予想外に上昇し、安全資産としての英国債需要が減退した。

10年債相場の下落は6営業日ぶり。ドイツのメルケル首相が暫 定的なユーロ圏救済基金と恒久的基金の並行稼働を容認する方針を示 したことも手掛かりとなった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「テールリスクが欧州で 薄れつつあるので、安全資産を求めて英国へ投資する流れは反転し始 める可能性がある」と述べ、「英国債相場が上昇しても一時的にとど まるだろう」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時22分現在、10年債利回りは前週末比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して2.33%。昨 年12月30日以降は35bp上げている。同国債(表面利率4%、 2022年3月償還)価格は0.50下げ114.785。利回りは今月23 日、2.24%まで下がっていた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE