英国債:10年債下落、株高と独企業景況感指数の改善で

26日の英国債市場では10年債が下 落。このまま推移すれば、四半期ベースで1年ぶりの値下がりとなりそ うだ。この日は株式相場が上げたほか、ドイツのIfo経済研究所が発 表した3月の企業景況感指数が予想外に上昇し、安全資産としての英国 債需要が減退した。

10年債相場の下落は6営業日ぶり。ドイツのメルケル首相が暫定的 なユーロ圏救済基金と恒久的基金の並行稼働を容認する方針を示したこ とも手掛かりとなった。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「テールリスクが欧州で薄れ つつあるので、安全資産を求めて英国へ投資する流れは反転し始める可 能性がある」と述べ、「英国債相場が上昇しても一時的にとどまるだろ う」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時22分現在、10年債利回りは前週末比5ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して2.33%。昨年12月30日以 降は35bp上げている。同国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格 は0.50下げ114.785。利回りは今月23日、2.24%まで下がっていた。

原題:U.K. Gilts Drop as Stocks Rise After German Confidence Improves (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE