JPモルガン勝訴、報酬の小数点ずれで賠償の必要なし

米銀JPモルガン・チェースはトレ ーダーのカイ・ハーバート氏に58万ポンド(約7640万円)を支払う必要 はない。ロンドンの裁判所がこのような判断を下した。同氏は雇用契約 の書類で小数点がずれていたために報酬を10倍と勘違いさせられたとし て、JPモルガンを訴えていた。

ハーバート氏は誤解に基づいてヨハネスブルクで働く契約に署名し たとし、逸失利益の賠償を求めていた。小数点の打ち間違いのために 240万ランド(約2600万円)の報酬を2400万ランドと勘違いしたとい う。

ヘンリー・グローブ判事は、「ハーバート氏は数字が間違いだと十 分に認識した上で、契約受け入れという商業的リスクを取った」と指摘 した。

ハーバート氏はJPモルガンの誘いを受けてヨハネスブルクに転居 するつもりで勤めていたUBSを2010年6月に退社したが、報酬での考 え違いが分かった後、JPモルガンには出社せず、同行はその年の12月 に同氏への採用提案を取り消した。

同氏はその後、昨年11月まで8カ月クレディ・スイス・グループに 勤めたが、人員削減で解雇され現在は失業中という。

JPモルガンの弁護士のチャールズ・シウメイ氏は「ハーバート氏 は全て承知の上でリスクを取った」と論じた。

原題:JPMorgan Wins Case Against Trader Over Decimal Point Dispute (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE