オランダも中核国から転落、財政赤字目標の達成困難-シティ

ユーロ圏5位の経済規模を誇るオラ ンダも、もはやユーロ圏の中核国とはいえない-。シティグループがこ のような見方を示した。

オランダは最上級のトリプルA格付けを維持しているものの、同等 格付けのドイツやフィンランド、ルクセンブルクに比べれば弱いと、シ ティのユーロ圏チーフエコノミスト、ユルゲン・ミヒェルス氏(ロンド ン在勤)ら4人が23日のリポートで指摘。「オランダ経済の低調な状況 は、財政赤字の削減を困難にする」と解説した。

連立政権を率いるルッテ首相は今年、少なくとも90億ユーロ (約9900億円)の歳出を削減しなければ2013年までに欧州連合(EU) 協定が定める財政赤字目標を達成できず、トリプルA格付けが脅かされ る。フランスとオーストリアは既に1月、同格付けを失った。オランダ の2013年財政赤字は対国内総生産(GDP)比で4.6%と、EUが上限 とする3%を上回る見込み。同国経済は昨年7-12月にリセッション (景気後退)入りした。

ミヒェルス氏は「オランダの金融環境は引き締まり、高債務の家計 への圧力となっている。これが一段の住宅価格下落と内需縮小をもたら す公算が大きい」と分析した。

原題:Citigroup Says Netherlands No Longer Part of Euro-Area Core (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE