米大統領、中国に北朝鮮への強いメッセージを促す-副補佐官

オバマ米大統領は26日、ソウルでの 米中首脳会談で、北朝鮮が来月に予定している人工衛星打ち上げについ て、中国が北朝鮮との関係を利用して強いメッセージを送るよう胡錦濤 国家主席に求めた。安全保障担当のローズ米大統領副補佐官が記者団に 明らかにした。

ソウルでは26日、2日間の日程で核安全保障サミットが開幕。オバ マ大統領や胡国家主席を含む40カ国余りの首脳が参加した。米大統領は 今回のサミット出席を利用して、北朝鮮とイランの核開発計画への圧力 を強めようとしている。オバマ大統領は同日、ロシアのメドベージェフ 大統領とも会談した。

ローズ副補佐官が26日、記者団に対し明らかにしたところによる と、オバマ大統領は北朝鮮の衛星打ち上げ計画が現行の合意に直接的に 違反しているとの認識を胡主席に明確に伝え、両首脳は「この潜在的な 挑発行為への対応で密接に協力していくことで合意した」という。

--取材協力:Leslie Hoffecker. Editors: Leslie Hoffecker, Joe Sobczyk

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE