ドイツ:救済基金の議論は新旧基金の関係、全体の増額でない

債務危機の拡大阻止に向けたユーロ 圏の救済基金をめぐる議論は、暫定的と恒久的な2つの基金の関係につ いてであって、全体的な増額についてではない。ドイツ政府が説明し た。

独財務省のコットハウス報道官は26日、欧州首脳らは昨年12月に既 に、暫定基金の欧州金融安定ファシリティー(EFSF)と恒久的な欧 州安定化メカニズム(ESM)を2013年まで並存させることで合意して いると述べた。

同報道官はベルリンで記者団に語り、30、31両日のコペンハーゲン での議論は「EFSFとESMの並行稼働のあり方についてだ」とし、 「ESMの上限引き上げに関する議論ではない」と強調した。

原題:Germany Says Firewall Talks to Focus on Rescue Funds Relations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE