シティ:1-3月に費用7億ドル計上へ-アクバンク出資縮小

資産規模で米銀3位のシティグルー プは、イスタンブールに本社を置く銀行アクバンクへの出資を約半分に 縮小するのに伴い、1-3月(第1四半期)に減損費7億ドル(約580 億円)の計上を見込んでいる。

シティの23日の届け出によれば、税引き前損失額は11億ドルに上る という。同行は市場環境や当局の承認といった条件付きながら、アクバ ンクへの出資比率を現在の20%から10%未満に引き下げるという。

シティのビクラム・パンディット最高経営責任者(CEO)は今月 に入り同行の資本計画が当局に退けられたことを受け、資産売却を進め ている。同行は先週、中国の上海浦東発展銀行の全保有株を6億6800万 ドルで売却した。

アクバンクは発表資料で、「今回の動きによる当行の事業推進計画 への影響はない」と説明している。

シティの届け出によれば、第1四半期の減損費用計上は、投資関連 の為替損と簿価から時価への会計処理変更などによるものという。

原題:Citigroup Expects $700 Million Charge as Akbank Stake Shrinks(抜粋)

--取材協力:Ercan Ersoy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE