PIMCOグロース氏:FRBは4月会合でQE3示唆の公算

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏は、米連邦準備制 度理事会(FRB)が4月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的 緩和第3弾(QE3)の可能性を示唆する公算が大きいとの見方を明ら かにした。

FRB当局者は今月13日に開催したFOMCで景気判断を引き上げ たものの、少なくとも2014年遅くまで政策金利をゼロ近辺に据え置く考 えをあらためて示した。FRBは量的緩和(QE)として知られる大規 模な市場からの資産購入を通じ、これまで2回のプログラムで2兆3000 億ドル(約190兆円)相当の証券を買い入れた。

グロース氏はツイッターで、FRBは来月25日のFOMCでQE3 の可能性を「示唆する公算が大きい」とコメントした。

同氏は先月、自らが運用する世界最大の債券ファンドで、2011年2 月以来初めて米国債の組み入れ比率を引き下げた。

原題:Pimco’s Gross Says Fed May ‘Hint’ at QE3 at April Meeting (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE