アジア株:続落、業績悪化懸念で-BYDや中国の銀行株安い

26日のアジア株式相場は続落。輸出 企業の業績悪化懸念に加え、中国の銀行が地方政府向け融資のリスクを 過小評価していたとの先週の一部報道が重しとなった。

資産家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資・保険会社バーク シャー・ハサウェイが出資する自動車メーカー、比亜迪(BYD)は香 港市場で5%安。1-3月(第1四半期)の利益が最大95%減少する可 能性があるとの発表が嫌気された。中国農業銀行など中国本土の銀行株 も香港市場で軟調。オーストラリア最大の建設会社レイトン・ホールデ ィングスは2.7%高。新規受注を好感した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時17分現在、前週末 比0.4%安の125.78。先週は週間で1.3%下げていた。

ホワイト・ファンズ・マネジメント(シドニー)のマネジングディ レクター、アンガス・グラスキー氏は、「前向きなニュースに欠ける 中、市場参加者は資金を少し引き揚げようという気持ちになりつつある と思われる」と指摘した。

原題:Asian Stocks Decline Amid Earnings Concern, Chinese Bank Risk(抜粋)

--取材協力:Satoshi Kawano.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE