独首相、ユーロ圏救済策で譲歩する用意がある-南ドイツ新聞

ドイツのメルケル首相と与党キリス ト教民主同盟(CDU)は、ユーロ圏の救済策をめぐって野党の承認を 得るため、譲歩する用意がある。南ドイツ新聞(オンライン版)が24 日、情報源を明らかにせずに報じた。

同紙が匿名の政界関係者の話として伝えたところによると、与党会 派、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の院内総務、フォル カー・カウダー議員は来週、自由民主党(FDP)や社会民主党 (SPD)、緑の党の代表と会談する。

同紙によると、与党側が協議に応じる用意がある事柄の一つは、ユ ーロ危機のコストを金融市場に何らかの形で負担させることだという。 一方、ドイツが欧州連合(EU)加盟国の中で金融取引税を実施する唯 一の国、または数少ない国の一つになることについては、CDUは慎重 な姿勢を示していると同紙は伝えた。

原題:Merkel Open to Concessions on Rescue Pact, Sueddeutsche Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE