スペインのアンダルシア州議会選:国民党、過半数に届かず

スペインのアンダルシア州議会選挙 は25日投開票が行われ、ラホイ首相率いる国政与党の国民党は過半数に 達しなかった。同首相は財政赤字削減に取り組み、市場での借り入れコ スト上昇に対応しているが、選挙結果は打撃となる。

開票率97%の時点で定数109のうち、国民党が50議席を獲得した。 同州政府がウェブサイトで明らかにした。しかし、社会労働党は47議 席、統一左翼は12議席を得て、両党による連立政権が可能になった。

幾つかの世論調査では、国民党が過半数を獲得し、社会労働党が30 年余り確保してきた第1党の座を奪うと予測されていた。欧州各国から の財政再建圧力が強まる中で、今回の結果によりラホイ首相の立場は弱 まった。

マドリードのオルテガ・マラニョン財団研究所の政治学者、イスマ エル・クレスポ氏は、「統一左翼と社会労働党が連立する州政府が誕生 すると私はみている」と述べた上で、「これはラホイ首相にとって大き な痛手だ」と指摘した。

原題:Spain PP Misses Majority in Vote, Undermining Budget Fight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE