レーン欧州委員:防火壁の強化で説得力ある決断を確信

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は25日、EUは将来のリス クを予防するため、債務危機に対する防御策を強化すると述べた。

同委員はフィンランドのサーリセルカで記者団に対し、「現時点で の鍵は包括的な危機対策を完了することだ」と説明。ユーロ圏財務相が 来週の会合で「ファイアウオール(防火壁)の強化で説得力ある決断を 下す」と確信していると語った。

ヘルシンキの北1100キロメートルに位置するサーリセルカでのセミ ナーを主宰したフィンランドのカタイネン首相は記者説明会で、「幸運 にも経済情勢はほんの数カ月前に比べ若干改善している」との認識を示 した。

スペインの欧州問題担当相、イニゴ・メンデス・デ・ビーゴ氏は記 者団に対し、同国は2013年に財政赤字を国内総生産(GDP)比3%に 減らす目標に達するとした上で、「われわれは真剣であり、これを約束 する」と語った。

レーン委員は、スペインが13年の財政目標を達成できると「全面的 に確信している」と述べた。また、欧州中央銀行(ECB)が「主要な 役割を果たした」と指摘。ECBの長期リファイナンシングオペ (LTRO)が「信用収縮の防止」に寄与し、欧州の企業・家計の資金 繰りを好転させたと評価した。

原題:EU’s Rehn Expects Debt-Crisis Firewalls to Be Reinforced (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE