中国建設銀行:2011年通期決算は純利益1693億元-26%増加

時価総額で世界2位の銀行、中国建 設銀行が25日発表した2011年通期決算は、純利益が前年比で26%増加し た。融資や手数料を伴うサービスの利益の増加が、不良債権のコストを 上回った。

同行が香港証券取引所に提出した届け出によれば、純利益は1693億 元(約2兆2100億円)と、前年の1348億元から増加。ブルームバーグが まとめたアナリスト22人の予想平均は1704億元だった。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE