中国東方航空:11年7.7%減益、予想に届かず-燃料コスト高で

輸送旅客数で中国2位の航空会社、 中国東方航空の2011年通期は7.7%減益だった。燃料コストの高騰が響 いた。

同社が25日、香港証券取引所に提出した資料によると、純利益は45 億8000万元(約600億円)と、前年の49億6000万元を下回った。ブルー ムバーグ・ニュースがアナリスト8人を対象にまとめた調査の予想平 均51億元にも届かなかった。売上高は12%増だった。

資料の中で同社は、中国航空業界の12年について「国内外の経営環 境の複雑化と変化、コストの大幅増、業界の全世界的な低迷に伴い、大 きな圧力にさらされる」との見通しを示した。その上で同社としては、 コスト管理の徹底と中核業務の強化、資金調達手段の多角化を進め厳し い環境に対応していくとの方針を示した。

同社の11年の輸送旅客数は6870万人と前年を5.8%上回った。燃料

--取材協力:Victoria Ruan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE