米MFグローバルCEOが直接指示か、顧客資金の送金-調査

先物ブローカー、米MFグローバ ル・ホールディングスの経営破たんの直前に当時のジョン・コーザイン 最高経営責任者(CEO)が、分別管理されていた顧客資金2億ドル (約165億円)を米銀JPモルガン・チェースにあるブローカー口座の 当座借り越しに対応するため送金するよう「直接指示」したことが、議 会調査官が作成した文書で明らかになった。

ブルームバーグ・ニュースが入手した同文書のコピーによると、 MFグローバルの財務担当者、イーディス・オブライエン氏は電子メー ルの中で、送金はコーザイン氏のイニシャルを指す「JCの直接の指示 による」と記していた。文書で引用されたこの電子メールは経営破たん の3日前の10月28日付だった。文書ではこのフレーズが電子メールの全 文なのか抜粋なのかは示されていない。

この文書は米下院金融委員会の小委員会が3月28日に予定する同社 破綻に関する公聴会向けに準備された。同文書によれば、オブライエン 氏の社内メールが送付された当時、MFグローバルはJPモルガンから 日中の与信枠を制限されていた。JPモルガンはMFグローバルのクリ アリングバンクと、分別管理された顧客資金を管理する証券保管銀行を 務めていた。オブライエン氏は公聴会で証言する予定。

金融委員会職員が作成し議員に送付した同文書は「あの週の間に MFグローバルの財務状況は悪化していたが、同社は分別管理された顧 客資金は安全だと監督当局や自主規制機関に説明していた」と指摘し た。

コーザイン氏の広報担当者、スティーブン・ゴールドバーグ氏は発 表文でコーザイン氏が「顧客資金の流用を指示したり、MFグローバル の社員に流用させようと意図したりしたことは決してない」と述べた。

原題:MF’s Corzine Ordered Funds Moved to JP Morgan, Memo Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE