NY外為:資源国通貨が上昇、株高でリスク資産買い活発

ニューヨーク外国為替市場ではニュ ージーランド(NZ)ドルを中心に商品輸出国の通貨が対ドルで上昇。 株価や資源価格の上昇を背景に、経済成長との連動性の高い資産に買い が集まった。

ノルウェー・クローネが高い。供給障害を懸念して原油が値上がり したことが追い風。2月の米新築住宅販売が2カ月連続で減少したこと を背景に、円はドルに対して上昇。ユーロは対円で4日ぶりに上昇し た。前日までの下げは行き過ぎだったとの見方が強まった。

BNPパリバのシニア為替ストラテジスト、レイ・アトリル氏(ニ ューヨーク在勤)は「今週は資源国通貨のロングポジションが大きく巻 き戻されていたため、今日のところは原油の反発に支えられている可能 性がある」と指摘。「ボラティリティは低い。これはキャリー取引が魅 力的であることを意味する」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、NZドルは対米ドルで前日 比1.1%高の1NZドル=81.82米セント。ユーロは対ドルで0.5%高の 1ユーロ=1.3270ドル。円は対ドルで0.2%高の1ドル=82円35銭、週 間では1.3%高と昨年末以来の大幅上昇となった。

この日は主要通貨の中で、スウェーデン・クローナとノルウェー・ クローネが特に堅調に推移した。クローナは対ドルで0.5%高。クロー ネは0.6%値上がり。

ニューヨーク原油相場は反発。イランへの制裁強化の影響で同国の 原油輸出量が3月に日量約30万バレル減少するとのロイター通信の報道 を受け、3分間で2%余り上昇する場面もあった。ノルウェーは世界第 7位の原油輸出国。

ユーロは対ドルで高い

ユーロは対ドルで4日ぶりに上昇。前日はユーロ圏総合景気指数の 低下を背景に1週間ぶりの安値となっていた。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース (CIBC)の外為戦略担当エグゼクティブディレクター、ジェレミ ー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は、「ユーロは対ドルで1.3290 -1.3295ドル付近の突破を試したが、不毛に終わった」と述べた。

対ドルでの円はこの日、値下がりする場面もあった。日本銀行の白 川方明総裁が経済に関して政府と日銀は認識を共有していると述べたこ とから、日銀が景気浮揚に向け追加の緩和策を打ち出すとの見方が強ま った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の外国為替・金利テクニカル戦 略責任者、マクニール・カリー氏はリポートで、円は対ユーロで108 円61銭の水準にある21日移動平均を一時割り込んだため、一段の円上昇 につながるとの見方を示した。ユーロは対円で週間では0.5%安。

米新築住宅販売

米商務省が発表した2月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率換算)は前月比1.6%減の31万3000戸。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト予想中央値は32万5000戸だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.5%下げて79.345。

原題:Commodity Currencies Advance as Stocks Gain Boosts Risk Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE