イタリアのモンティ政権、労働法の改正法案を閣議で承認

イタリアのモンティ政権は23日、労 働法を刷新する法案を閣議で承認した。従業員解雇を容易にする内容 で、議会通過までには労働組合や政党からの反対に遭いそうだ。

モンティ首相は法案承認ではなく、議会での議論の余地を制限し即 時実施に移させる政令発令に訴えることもできたが、そうした措置は取 らなかった。政府は法案を議会に提出する時期は明らかにしなかった。

首相府は労働法改正について、「経済成長に寄与し良質の雇用を生 み出せるダイナミックで柔軟かつ包括的な労働市場作りを目指すもの だ」との声明を電子メールで出した。

原題:Monti Government Passes Labor-Law Overhaul as Opposition Mounts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE