欧州債:ドイツ10年債続伸、景気減速の兆し-ギリシャ債安い

欧州債市場ではドイツ10年債が4日 続伸。世界景気の減速兆候で、ユーロ圏で最も安全とされるドイツ国債 の需要が高まった。ギリシャ国債は軟調。民間投資家が同国の債務交換 に応じる期限はこの日までとなっている。

ドイツ10年債は週ベースでは今年最大の伸びとなった。中国の2月 の景気先行指数の伸びが鈍化したほか、同国3位の銀行、中国農業銀行 が2011年10-12月(第4四半期)決算が減益となったことが支援要因。 一方で、イタリア国債は今週下落し、年初来最大の下げを記録。ユーロ 圏製造業の経済活動の縮小が示され、高利回り資産が売られた。

DZ銀行の債券ストラテジスト、ミヒャエル・ライスター氏は「週 明けからリスクを回避する動きが急速に高まり、ドイツ国債を押し上げ た」と発言。「中国からの材料もリスク資産にとってはあまり建設的で はない」と語った。

ロンドン時間午後4時35分現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.87%。前週末比で は18bp下げた。同国債(表面利率2%、2022年1月償還)価格 は0.385上げ101.160。

ギリシャ債(表面利率2%、2023年2月償還)の利回りは、96bp 上昇の20.10%。債務交換の一環として今月12日に政府が発行して以来 初めて、20%台に乗せた。

イタリア10年債利回りは5bp下げ5.05%。週間ベースでは19bp 上昇した。スペイン10年債利回りは12bp低下し5.37%。前週末比で は18bp上げた。

原題:German Bonds Rise on Global Slowdown Signs as Greek Debt Slides(抜粋)

--取材協力:Lorenzo Totaro.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE