英中銀のFPC:金融安定目指した措置を提言-見通しは脆弱なまま

イングランド銀行(英中央銀行)の 金融行政委員会(FPC)は、金融安定への見通しは引き続き「脆弱 (ぜいじゃく)」だと指摘し、銀行強化に必要な措置を講じるよう政府 に提言したことを明らかにした。

英中銀が23日公表した今月16日のFPC会合についての報告は「差 し迫った金融市場の緊張は幾分和らいだが、金融安定に関する全般的な 見通しは依然として脆弱だ」と説明。欧州中央銀行(ECB)の長期資 金供給が銀行の資金調達コスト抑制に役立ったものの、「一部の欧州諸 国の債務と競争力に関して問題は残る」と指摘した。

FPCは英議会に3つの分野で措置を講じるよう提言。反循環的な 資本バッファーと分野別の自己資本規制、負債比率に対する監督権を求 めた。金融危機を受けて政府が銀行規制の刷新を進めるなか、英財務省 はFPCに必要となる措置についての助言を求めていた。

報告によれば、FPCはシステム全体のリスクの起因として「過剰 に高められたバランスシート上のレバレッジ、脆弱な資金調達能力、過 剰に緩い融資条件、市場構造のもろさ」を挙げた。その上で、提言した 措置が銀行やビルディングソサエティー、投資会社、保険会社など「幅 広い金融機関のバランスシートを直接的に管理するための手段となる」 と説明した。

原題:BOE Recommends Financial-Stability Tools Amid Fragile Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE