ロンドン外為:円が下落、米住宅統計予想や連銀総裁の発言で

ロンドン時間23日午前の外 国為替市場で円は下落。この日発表の2月の米新築住宅販売が1年余 りで最高の水準を示すとの観測から、安全資産とされる円の需要が後 退した。米セントルイス連銀のブラード総裁が米金融政策の「転機」 に言及したこともドルの支援材料。

ロンドン時間午前7時19分現在、円はドルに対して0.3%安 の1ドル=82円77銭。

午前7時28分現在のユーロの対円相場は0.5%高の1ユーロ =109円48銭。対ドルは0.3%高い1ユーロ=1.3235ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE