オバマ米大統領:国内での石油生産支援を約束-共和党反発

オバマ米大統領は22日、国内の石油 生産を政府が支援すると表明した。一方で、こうした取り組みでもガソ リン価格を押し下げるには不十分だとの認識を示した。

大統領はトランスカナダ社のキーストーンXL計画で石油パイプラ イン南側部分の建設が予定されているオハイオ州クッシングで、「われ われはクッシングとメキシコ湾を結ぶこの新たなパイプライン建設を優 先して進めるよう指示している」と語った。

建設開始は早ければ6月にも予定されている。トランスカナダによ れば、同社は着工に最終的に必要な米国陸軍工兵隊から許可が下りるの を待っている段階。

共和党議員からは大統領の発言には何の意味もないとの声が上がっ ている。ベイナー下院議長(オハイオ州)は「大統領の認可さえ必要と しないパイプラインの部分で功績を上げようとしている」と批判。同党 の大統領候補指名争いで先頭を走るロムニー前マサチューセッツ州知事 は「オバマ大統領の行動は石油というよりも政治的だ。カナダのオイル サンドから原油を輸送するパイプラインの北側部分を政府はまだ認可し ていない」と非難した。

オバマ大統領はまた、「現在のガソリン高はイラン情勢をめぐる不 安が主な要因であり、国内の石油生産とは関係がない」と語った。

原題:Obama Vows More U.S. Oil Drilling as Pipeline Gets Priority (2)(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、James Rowley、Jim Snyder、Julie Hirschfeld Davis、Bradley Olson、Mike Lee、Mark Shenk、John McCormick、Joe Sobczyk.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE