米シティ、新興国のエネルギー関連株を買い推奨-原油高で

米シティグループは、新興国市場の エネルギー関連株の買いを投資家に推奨している。原油高メリットを享 受できる見通しであることを理由に挙げている。

シティグループのグローバル新興市場株担当ストラテジスト、ジェ フリー・デニス氏は22日に電子メールで配布したリポートで、エネルギ ーセクターの投資判断をオーバーウエートに引き上げた。同社は北海ブ レント原油が今年、平均1バレル当たり125ドルになると見込んでい る。ロンドンの先物取引所ICEフューチャーズ・ヨーロッパの北海ブ レント5月限は22日、0.9%安の1バレル=123.14ドル。

デニス氏は、原油輸出国であるロシアとコロンビア、ブラジルが相 場上昇の恩恵を受ける一方で、台湾や韓国、チェコなど原油を輸入に依 存する国・地域は打撃を受けると指摘した。

リポートによれば、デニス氏は新興国市場株が今年も15%上昇する と予想。原油価格の上昇が続く限り、エネルギー関連株がアウトパフォ ームするとみている。MSCI新興市場指数の年初来騰落率はプラ ス14%。

原題:Citigroup Says Buy Emerging Energy Stocks to Gain From Oil Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE