USエアウェイズ、AMRの買収提案で債権者と協議-関係者

USエアウェイズ・グループは、ア メリカン航空親会社AMRの一部債権者やアドバイザーとの間で、 AMR買収計画について協議している。交渉に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

詳細は未公表だとして関係者が匿名を条件に語ったところによる と、USエアの幹部はAMRの無担保債権者委員会の一部メンバーに合 併提案の詳細を提示し、前向きな反応を得た。AMRが連邦破産法11条 に基づく会社更生手続きの適用から脱却する前に、両社の合併を完了す ることが目標だという。

USエアは、2007年にデルタ航空の買収に失敗した経験から、従業 員と債権者の支持を得ることの重要性を学んだとしている。

AMRの広報担当アンディ・バックオーバー氏は発表文で、同社は 「収入増と、競争力のあるコストおよび債務構造の達成」に向けて引き 続き自社の計画に注力すると説明。USエアの広報担当トッド・リーマ ッハ氏は、会社としてコメントすることはないと語った。

USエアのダグ・パーカー最高経営責任者(CEO)は、AMR買 収を検討するためにアドバイザーを起用したことを認めている。21日に はアリゾナ州フェニックスで記者団に対し、買収の可能性をめぐる検討 は恐らく「長期」にわたるとの見通しを示した。

原題:US Airways Said to Discuss AMR Takeover Proposal With Creditors(抜粋)

--取材協力:David McLaughlin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE