ECB総裁:ギリシャ状況、ユーロ離脱で改善しない-ビルト

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は、ギリシャが仮にユーロ圏から離脱して自国通貨を再導入し切り下 げを実施したとしても、同国の状況は改善しないとの見解を示した。ド イツ紙ビルトがインタビューを基に23日報じた。

同紙によると、ドラギ総裁は、ユーロ離脱でも改革の必要性は減少 しない上、高インフレと不安定化を招くだろうと指摘。ギリシャがどこ からも融資を受けられない状態がどのくらい続くか予想できないと述べ た。

同総裁は、ユーロ圏内の富める国から貧しい国に資金を移転する 「移転統合」については「1、2カ国が支払い、残りの国は費やし、全 ての資金はユーロ共同債で賄われる」ことになると指摘し、反対の立場 を表明。ユーロ共同債は時期尚早であり、従ってユーロ圏の新たな財政 協定は正しいと語ったという。

原題:Draghi Says Greek Euro Exit Wouldn’t Help Country, Bild Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE