2月の英消費者信頼感指数:44に低下-ネーションワイド

英国の2月の消費者信頼感指数は、 失業増加と弱い経済成長を背景に先行きに対する悲観的な見方が増えた ことから、低下した。英住宅金融会社ネーションワイド・ビルディン グ・ソサエティーが発表した。

ネーションワイドが23日に電子メールで配布した資料によると、2 月の消費者信頼感指数は44と、1月の47から低下。1月は前月比9ポイ ントの上昇だった。景気見通しを示す期待指数は60と、前月から4ポイ ント下がった。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏 は発表資料で、「労働市場の低迷と、予想を下回る経済成長が相まっ て、引き続き消費者信頼感への重しとなっている」と指摘。将来への期 待も下がっていると述べた。

景気の現状に対する見方を示す現況指数は19と、前月から2ポイン ト低下。消費意欲を示す指数も前月から1ポイント下がって78となっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE