米ダラス連銀総裁:大量のマネーが滞留-追加緩和を支持せず

米ダラス連銀のフィッシャー総裁は 「大量のマネーが使われていない状態にある」と述べ、追加の量的緩和 (QE)を「支持しない」考えを示した。フォックス・ビジネス・ネッ トワークとのインタビューで発言した。

フォックスが22日配布したインタビュー記録によると、フィッシャ ー総裁は「現状では、経済は上向いている。速い軌道ではない」と指 摘。「経済成長はわれわれが望むよりも遅いが、前向きであり勢いづい ている。もっと力強い成長であってほしい。改善しつつあるし回復して いる」との認識を示した。

同総裁はまた、米国の選挙や政府支出、税制をめぐる投資家の不安 が経済成長を弱めているとの見方も示した。インタビューはニューヨー ク時間午後4時半(日本時間23日午前5時半)に放送予定。

インフレについて同総裁は、ガソリン価格の上昇が食品や他の商品 の値下がりによって相殺されていると分析。「私はインフレに関しては タカ(物価重視)派だ。だが、インフレは上昇ではなく下降している」 と述べ、「現時点では問題とは見ていない」ことを明らかにした。

原題:Fed’s Fisher Sees Money on Sideline With No Support for More QE(抜粋)

--取材協力:Kevin Costelloe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE