三井住友銀、チリのエネルギープロジェクト向け融資目指す

三井住友銀行は銅産出量世界最大の チリでのエネルギー・プロジェクトへの融資を目指している。BHPビ リトンや国有のチリ銅公社(コデルコ)の鉱山建設で需要が伸びている ことが背景。

同行の中南米部門責任者、アイザック・ドイチェ氏はサンティアゴ でインタビューに答え、複数の鉱山会社が太陽光発電や風力発電などの 電力供給会社との長期契約を交渉していると述べた。

デソルミニアク鉱業相によると、同国の鉱山産業には2020年までに 過去最大の910億ドル(約7兆5100億円)が投資される見通し。経済成 長でエネルギー需要は10年以内に倍増するとアルバレス・エネルギー相 は述べている。

三井住友銀のドイチェ氏は「チリには電力セクターの能力増強が必 要だ」と指摘した。

原題:Sumitomo Tapping Chile Mining Boom to Finance Energy Projects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE