米アクセンチュア:8月通期の利益見通し引き上げ-好業績踏まえ

技術コンサルティングで世界2位の 米アクセンチュアは22日、2012年8月通期の利益見通しを引き上げた。 顧客企業がコンサルティングサービスを一段と活用し、外部委託を通じ た経費節減に取り組んでいることが寄与している。

同社の発表によれば、8月通期の1株当たり利益は3.82-3.90ドル と、従来の3.76-3.84ドルから上方修正。ブルームバーグが集計したア ナリスト予想の平均では3.80ドルと見込まれていた。通期の収入は10 -12%の伸びを予想。昨年12月時点では増収率を7-10%とみていた。

ピエール・ナンテルム最高経営責任者(CEO)は発表文で、「12 年度上期の力強い結果を踏まえ、見通しを引き上げた」と説明した。

同社の11年12月-12年2月(第2四半期)の純利益は前年同期 比28%増の6億4390万ドル(約530億円、1株97セント)。前年同期は 5億300万ドル(同75セント)だった。アナリスト予想では1株86セン トが見込まれていた。

第2四半期の純収入は前年同期比12%増の68億ドル。同社最大部門 のコンサルティングからの収入は約8%増え38億ドルだった。

原題:Accenture Raises Forecast After Profit Beats Analysts’ Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE