米シカゴ連銀総裁:景気回復支援のため一段の金融緩和必要

米シカゴ連銀のエバンス総裁は22 日、景気回復を支援するために米連邦準備制度理事会(FRB)の一段 の金融緩和が必要だとの見解を明らかにした。

同総裁はワシントンでの講演で、「一段の緩和が適切なのは明白 だ」と指摘。「8.3%の失業率は、自然失業率の合理的水準をかなり上 回っている」と説明した。

エバンス総裁は、FRBによる低金利維持の指針をより明白にすべ きだとあらためて主張した。同総裁とシカゴ連銀のエコノミスト3人は この日公表した論文で、利上げのきっかけとなる状況の変化とは具体的 にどのようなものかを提示することにより、経済成長のペース加速に伴 うインフレを抑制できる可能性があるとの見解を示した。

原題:Fed’s Evans Says More Accommodation Needed to Bolster Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE