欧州債:ドイツ債3日続伸、経済活動縮小-スペイン債は軟調

22日の欧州債市場ではドイツ国債が 3日続伸。ユーロ圏の製造業とサービス業の経済活動が3月にエコノミ スト予想以上に縮小したことを背景に、比較的安全とされるドイツ国債 の需要が高まった。

ドイツ国債はここ7週間で最長の上げとなった。この日発表された 3月の中国製造業購買担当者指数(PMI)の低下も支援材料だった。 スペイン国債は9営業日続落。域内景気が減速しつつある兆候を受け、 高利回り資産に対する投資意欲が減退した。ドイツ政府はユーロ圏救済 基金への拠出金を賄うため、4-6月(第2四半期)の借り入れ予定額 を当初予定から3%引き上げた。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券ス トラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は「景況感指数が失望 する内容だったことからドイツ国債が買われた。データが発表以上に良 い内容となるとの期待があった。指標を受け、2012年の問題の一つであ る経済成長に焦点が移った」と語った。

ロンドン時間午後4時1分現在、ドイツ10年債利回りは前日比7ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.91%。一時は8bp 下げ、先月22日以降で最大の低下となった。同国債(表面利率 2%、2022年1月償還)価格はこの日、0.65上げ100.825。

マークイット・エコノミクスが22日発表した3月のユーロ圏総合景 気指数は48.7と、前月の49.3から低下した。英HSBCホールディング スとマークイットが同日発表した3月の中国PMI指数は48.1となっ た。2月は49.6だった。

スペイン10年債利回りは前日比10bp上昇の5.51%。一時は2月16 日以来の高水準となる5.53%に達した。イタリア10年債利回りは11bp 上げて5.11%。

原題:Bunds Gain as Euro-Area Industry Contracts; Spanish Bonds Slide(抜粋)

--取材協力:Matthew Brockett.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE