アルカイダ系グループ、仏連続銃撃事件で犯行声明-AFP

フランスのトゥールーズ近くで兵士 やユダヤ人学校の教師、子供が殺害された連続銃撃事件に関して、国際 テロ組織アルカイダの関連グループが犯行声明をウェブサイトに掲載し た。AFP通信が報じた。イスラム教徒に対する敵視政策が犯行の理由 という。

報道によると、「ジュンド・アル・ハリーファ」というグループ が22日犯行声明を掲載したウェブサイトは、通常アルカイダが声明発表 に利用する。

原題:Al-Qaeda Group Says It Was Behind Toulouse Killings, AFP Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE