2月米景気先行指数:前月比0.7%上昇、11カ月ぶりの高い伸び

米民間調査機関コンファレンス・ボ ードが発表した2月の米景気先行指標総合指数(LEI)は前月 比0.7%上昇と、11カ月ぶりの高い伸びを示した。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.6%上昇だった。前月 は0.2%上昇(速報値0.4%上昇)に修正された。

IHSグローバル・インサイトの米国担当チーフエコノミスト、ナ イジェル・ゴールト氏は「全体像が徐々に改善しつつある」と述べ、 「労働市場から明るい兆候が出ているのは明白だ」と続けた。

主要10項目のうち8項目がプラスに寄与した。特に新規失業保険申 請件数と株価上昇の寄与度が大きかった。

一致指数は前月と同じ0.2%上昇。同指数には全米経済研究所 (NBER)が景気循環の判定に使用する雇用者数や個人所得、企業売 上高などが含まれる。遅行指数も0.2%の上昇だった。

い。

原題:Index of U.S. Leading Economic Indicators Climbs 0.7% (1) (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE