台湾中銀:政策金利を1.875%で据え置き-3会合連続で維持

台湾の中央銀行は22日、政策金利を 3会合連続で据え置いた。原油高の影響と中国の成長減速を見極める。

中銀は、市中銀行向けの10日物融資の金利を1.875%に維持すると 発表した。ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト12人を対 象とした調査で11人が予想した通りとなった。1人は利下げを見込んで いた。

原題:Taiwan Extends Rate Pause to Gauge Risks From Oil Price to China(抜粋)

--取材協力:Adela Lin、Janet Ong、Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE