ブルームバーグNY市長:世界の禁煙支援で180億円の寄付表明

米ニューヨーク市のブルームバーグ 市長は22日、中国やインド、世界の途上国で喫煙量を減らす取り組みを 支援するため2億2000万ドル(約180億円)の寄付を表明した。

世界保健機関(WHO)によると、ブルームバーグ市長は、全世界 の喫煙者10億人の75%が暮らす低・中所得国を対象とする寄付を既に表 明。今回で寄付総額は6億ドルを超える。

WHOによると、年間約600万人が喫煙が原因で死亡。この中には 間接喫煙により死亡する非喫煙者60万人余りが含まれている。

同市長は記者会見で、「これは全世界の惨事だ」とし、「たばこは 喫煙者に死をもたらすだけではなく、たまたま近くにいた非喫煙者まで も死に至らしめる」と語った。

原題:Mayor Bloomberg Donates $220 Million to Fight Smoking Overseas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE