中国:2月のイラン産原油輸入が45%減少-支払い条件

中国の2月のイラン産原油輸入量 が、支払い条件をめぐる両国間の食い違いから前月比で45%減少した。 中国は最大のイラン産原油購入国。

税関総署が21日発表したデータを基にブルームバーグが試算したと ころによると、中国の2月のイラン産原油輸入量は115万トン(日量 約29万バレル)に減少し、2010年5月以来の低水準となった。昨年は日 量平均55万7413バレルだった。中国の2月の原油総輸入量はネットベー スで前月比7%増え、過去最高の日量587万バレルだった。

イランからの原油輸入減少は、支払い条件をめぐる対立から中国最 大の石油取引会社、中国国際石油化工連合公司(UNIPEC)がイラ ン国営石油会社との今年のターム契約締結が遅れたことが背景にある。 協議に詳しい3人の関係者によれば、この問題は先月下旬にほぼ解決し たという。

原題:China’s Oil Imports From Iran Drop 45% Amid Payment Dispute (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE