豪ドルとNZドルが下落-中国の製造業関連指数の低下を嫌気

22日の外国為替市場では、オースト ラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落。中国の製造業関 連指数の速報値が4カ月ぶりの低水準に落ち込んだことで、豪州とNZ の輸出が鈍化するとの見方が広がった。

豪ドルは主要16通貨のうち15通貨に対して下落した。豪州にとって 最大の貿易相手国である中国の景気減速で成長見通しが低下することが 懸念され、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の利下げ観測が強まっ た。NZドルも1週間ぶりの安値に下げた。昨年10-12月(第4四半 期)の国内総生産(GDP)伸び率がエコノミスト予想の半分にとどま った。

スタンダードチャータード銀行の為替調査グローバル責任者、カラ ム・ヘンダーソン氏(シンガポール在勤)は「中国の勢いは明らかに鈍 っている」とし、「豪ドルのバイアスは明確に下向きだ」と述べた。

豪ドルはシドニー時間午後2時1分(日本時間同0時1分)現 在、0.6%安の1豪ドル=1.0394米ドル。対円では0.6%安の86円68銭。 NZドルは0.8%安の1NZドル=0.8090米ドル。一時は0.8073米ドル と、15日以来の安値を付けた。対円では0.9%安の67円40銭。

原題:Australian, N.Z. Dollars Fall After on China Manufacturing Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE